IBD(炎症性腸疾患)|福岡市南区寺塚の内科・消化器内科 - あべしゅん内科・内視鏡IBDクリニック

〒815-0074 福岡県福岡市南区寺塚1-2-11
TEL,092-557-1177
Instagram
ヘッダー画像

IBD(炎症性腸疾患)

IBD(炎症性腸疾患)|福岡市南区寺塚の内科・消化器内科 - あべしゅん内科・内視鏡IBDクリニック

IBD(炎症性腸疾患)とは

IBD

身体には「免疫系」というものがあります。免疫系は、体内に入ってきたウイルス、細菌などの異物を体外に追い出す働きをします。
免疫系がそういった異物を追い出す際には、腫れや痛み、発熱などが起きることがあります。これらの反応のことを「炎症」といいます。この炎症が腸に起こる病気のことをまとめて「炎症性腸疾患(IBD: Inflammatory Bowel Disease)と言います。」
IBDは、広い意味では腸に炎症を起こす全ての病気を指しますが、狭い意味では「潰瘍性大腸炎」と「クローン病」のことを意味します。

潰瘍性大腸炎

原則的に大腸でのみ発症します。直腸から連続的に広がり、大腸全体にまで及ぶこともあります。特徴的な症状としては、下血を伴う、または伴わない下痢と腹痛です。

クローン病

大腸に炎症をきたす潰瘍性大腸炎とは異なり、消化管のどの部分にも発症します。粘膜の表面だけではなく壁全体に及ぶ、非連続性の炎症や潰瘍を起こす病気です。
深い潰瘍ができるため、消化管の変形や狭窄、穿孔といった症状が起きることもあります。また、痔瘻などの肛門部病変を併発することも特徴です。

IBDの原因

原因は特定されておらず、根治に至る治療のない病気のため、難病とされています。

IBDの種類

IBDには、特異性腸炎(特異的炎症性腸疾患)と非特異性腸炎(非特異的炎症性腸疾患)があります。

特異性腸炎

ウイルスや細菌が原因で起こる感染症や、薬剤が原因で起こる急性出血性大腸炎など、はっきりとした原因で起こるIBDです。

特異性腸炎の主な例

  • ウイルスや細菌などが原因である感染症
  • 抗生物質などの薬の投与が原因である急性出血性大腸炎、偽膜性腸炎
  • 放射能治療の際の、照射などが原因である物理的刺激
  • 血液の循環が悪いことが原因である虚血性大腸炎、静脈硬化性大腸炎
  • 膠原病などの全身性疾患によって起こる特異性腸炎
非特異性腸炎

はっきりとした原因がわからないIBDです。
潰瘍性大腸炎やクローン病は、どちらも非特異性腸炎に該当します。そのほか単純性潰瘍やベーチェット病なども非特異性腸炎に含まれます。

IBDの症状

下痢、腹痛、血便などの症状をひき起こします。
IBDの種類や、炎症が腸のどの辺りで起こっているかによって症状や強さが異なります。潰瘍性大腸炎では血便を発症することも多いですが、クローン病では血便の発症はあまり多くありません。
また、発熱や倦怠感などの全身の症状を惹き起こすこともあります。
その他、口の粘膜の潰瘍、目の炎症、手足の関節の痛み、皮膚の炎症など、さまざまな症状を惹き起こすことがあります。
クローン病では、およそ半数に「痔瘻」という合併症が生じることがあります。

検査・診断

大腸カメラ(大腸内視鏡検査)による検査で、炎症の状態や範囲を調べます。
また、内視鏡検査のときに組織を採取して顕微鏡で調べる病理検査(生検組織検査)を同時に行うこともあります。