院長紹介|福岡市南区寺塚の内科消化器内科 - あべしゅん内科・内視鏡IBDクリニック

〒815-0074 福岡県福岡市南区寺塚1-2-11
TEL,092-557-1177
Instagram
ヘッダー画像

院長紹介

院長紹介|福岡市南区寺塚の内科消化器内科 - あべしゅん内科・内視鏡IBDクリニック

ご挨拶

安部 瞬(あべ しゅん)

院長安部 瞬(あべ しゅん)

皆様、初めまして。

当院は
・血圧やコレステロール、糖尿病、喘息や皮膚疾患などの幅広い内科診療(特に循環器、呼吸器内科、アレルギーなど)
・小学生以上を対象とした発熱外来(新型コロナウイルスの抗原検査、核酸増幅検査、PCR検査が可能)
・消化器内科として麻酔を使った苦痛の少ない内視鏡検査(胃カメラ、大腸カメラ当日検査が可能)、がんの早期発見や日帰り大腸ポリープ切除
・健診などで指摘された肝機能障害、肝臓や膵臓、胆のう腫瘍、尿タンパク/潜血陽性などの腎臓検査
・小児から成人まで対応可能な炎症性腸疾患(IBD:潰瘍性大腸炎、クローン病)の先進的治療
を専門とするクリニックです。
私は、福岡大学卒業後、大阪の岸和田徳洲会病院において、約10年間消化器内科医として様々な病気の最前線治療を経験してきました。
専門は胃がんや大腸がんなどの早期がん治療、炎症性腸疾患の専門治療などを中心に診療してきました。特に早期がん治療は約500例を治療を行い、炎症性腸疾患の治療は現在大阪、沖縄でも約300名以上の診療、生物学的製剤を中心に先進治療を継続しています。炎症性腸疾患に関しては1人でも多くこの病気の治療を知ってもらうために、今まで多数の講演会を行ってきました。

近年、胃腸のがんや炎症性腸疾患に苦しむ患者様はとても増えていますが、豊富な知識と経験、技術から専門医療ができるクリニックがまだ不足しています。
そこで、生まれて約30年慣れ親しんだ福岡の地で、大阪で経験した最先端の内科診療と内視鏡検査(胃カメラ、大腸カメラ)に特化したクリニックを開業することにしました。
自分の夢は、1人でも多くの患者様に寄り添い、様々な病気を安心して任せられるクリニックにすることです。
宜しくお願いします。

経歴

2011年 福岡大学医学部医学科 卒業
2011年 福岡徳洲会病院 初期研修
2013年 岸和田徳洲会病院 消化器内科
2018年 岸和田徳洲会病院 消化器内科 医長

資格・所属学会

  • 日本消化器内視鏡学会 専門医
  • 日本消化器病学会 専門医
  • 日本内科学会 認定医
  • 日本医師会 認定産業医
  • 難病指定医
  • 小児慢性特定疾病指定医